中之条ビエンナーレ2017 ステートメント

描写による再現性の獲得への欲求は絵を描き物を作る最初の出発点のうちの一つだ。

そのことをもう一度意識するための空間が今度のプロジェクト。

部屋の窓には光を遮るように衝立状の彫刻を、部屋の中心には直方体の彫刻を

薄暗くなってものがはっきりとは見え辛くなった部屋の真ん中が消失点。

消失点を重心に持つ直方体は仮想の鏡面によって部屋の内側を外側に外側を内側に映し出す。

鏡像化した空間を凝視しようとする視線を爆縮させるための彫刻

 

 

Ambitions to visualize an object by drawing is the starting point for the painting.

This is the project to rediscover that inner space.

Lights are intercepted by sculptures installed on windows and rectangular sculpture is installed centrally.

The vanishing point is the center of the room where the lights dim.

 

 

 

The central sculpture is mirrored and reflects the inside, outside and back in again.

This is the sculpture to make an imploded view over mirrored space.